治療費のこと

内科での平均的な治療費

人にとって最も身近な診療科目が内科だと言えます。免疫力の低下やストレス過多によって人は風邪をひいたり、腸を悪くすることがたびたび見られるのです。こうした時に多くの人が受診するのが内科クリニックなのです。クリニックに行けば、触診、聴診などが行われ、必要に応じて血液検査やエコー、ウィルス検査、レントゲン撮影などが行われるのです。触診や聴診、薬の処方箋といった一般的な診療科目であるとその治療費は健康保険適応で初診で2000円前後が相場です。再診になるとその費用は600円前後になり安くなるのが一般的です。しかしウィルス検査、レントゲン撮影、エコーといった特殊な検査を行うと、健康保険の点数が多くなり、支払う治療費も2000円を大幅に上回るのです。

特殊な治療は高額になる傾向

また内科は風邪などの一般的な診察以外にも、様々な診察を行っているのです。AGA治療や禁煙外来などを行う内科も最近非常に増えているのです。こうした診察は基本的に健康保険の適応内でできるものの、処方する薬や特殊な治療法になると健康保険が適応されず自費治療になってしまうのです。なかでも最近は女性の美容効果を高める治療も内科で行っているのです。プラセンタやヒアルロン酸、ビタミンCなどの注射や点滴などは健康保険が適応されないので5000円からで上は何万円と言う高額な費用がかかるのです。またドクターズコスメなどを処方する内科や皮膚科などもあり、こうした物は一般的な化粧品と変らないほど高額で販売されるのです。