慢性疲労症候群の治療

注目すべき慢性疲労症候群の治療方法

慢性疲労症候群を治す方法としては薬物治療が中心となっていて、中でも漢方薬を使用する事が一般的です。 慢性疲労症候群の治療に用いられる漢方薬の代表としては捕中益気湯があり、体が本来持つ免疫力を高めるために使われます。また、漢方薬に加えてビタミンCを多く服用する事になります。これは、ビタミンCに体内で活性酸素が細胞に障害を与えてしまう事を防ぐ高酸化作用があるからです。 さらに、免疫調整剤や抗ウイルス薬が用いられる事もあります。基本的に、慢性疲労症候群の治療は免疫系の回復が中心となるのです。ただ、慢性疲労症候群がストレスや鬱病などによる可能性が考えられた場合には、カウンセリングを受けるなどの治療がとられる事もあります。

慢性疲労症候群に注意しよう

慢性疲労症候群とは、強い疲労感や倦怠感が特徴としてあげられますが、微熱や頭痛、筋肉痛、リンパの腫れなど風邪によく似た症状が現れることがあります。 血液検査などによって何か見つかるようなものではないため、自分が慢性疲労症候群であると気付かないまま苦しんでいる方も多いです。 風邪と診断されたり、異常なしと診断されたりすることが多く、慢性疲労症候群であっても慢性疲労症候群であると診断されないことも考えられます。 慢性疲労症候群の場合、無理して動くのはよくありません。なるべく早い段階で適切な対処をしていくことで悪化を防ぐようにしましょう。睡眠不足なども関係してきますので、睡眠時間を確保したり、睡眠障害があるのならその改善に早めに取り組むことも大切です。